5万筆到達の記者発表を行いました(3/3)

3月3日、県庁記者クラブにおいて、3月2日(月)の郵便到着分をもって、署名数が条例制定の直接請求に必要な5万筆に到達したことの記者発表を行いました。
3月2日時点の署名数は、51,544筆(事務局到着分+地域での集約分)。
直接請求に必要な署名数(有権者の50分の1)の、105.92%です。
お一人おひとりのご協力に感謝申し上げます。

直接請求を、より説得力のあるものとするため、さらに多くの県民の思いを、署名簿の上に重ねていきたいと思います。

「すでに署名を提出したけど、もうちょっと集められるかも…」という方、「これから署名したいんだけど…」という方には、署名用紙をお送りします。事務局(メール:ibarakitohyo@gmail.com、電話:080-2261-4980)にご連絡ください。
署名は【3月6日】まで集められます。
(選挙がある(あった)市町村は日程が異なります。こちらを参照ください)

引き続き、知恵と力をあわせてまいりましょう!

なお、地域別の内訳は、以下の通りです。
・県北: 9,940筆(必達数の 95.37%)
・県央: 8,438筆(必達数の107.85%)
・鹿行: 4,151筆(必達数の 91.31%)
・県南:18,613筆(必達数の111.47%)
・県西:10,402筆(必達数の113.42%)

参考:
・NHK「原発 住民投票への署名必要数に」(動画あり)(3/4)
・茨城新聞「東海第2再稼働賛否 県民投票、直接請求へ 市民団体、必要署名集まる」(3/4)
・東京新聞「全市町村で署名2%超狙う 「県民投票の会」必要数を確保 東海第二再稼動 住民投票条例 」(3/4)
・毎日新聞「東海第2原発 再稼働県民投票、必要な署名数超える 5月にも直接請求」(3/4)
・日本経済新聞「東海第2原発、県民投票請求の署名が必要数に到達」(3/3)
・共同通信「再稼働県民投票直接請求へ、茨城 東海第2原発、署名規定数に」(3/3)
・毎日新聞「東海第2原発 再稼働問う住民投票実施へ前進 署名5万人突破」(3/3)

・記者発表ノーカット版(本会YouTubeチャンネル